追憶の鎌倉海浜ホテル2

Hotelyokos

鎌倉の「ちょっと昔(明治・大正・昭和)の人の暮らしや施設、できごと」。その名残はまちのあちこちで見られます。 わたしたちは現在の鎌倉らしさのモトでもある近代をしらべ、いろいろな手法で伝える活動をしてきました。

今回の企画は、鎌倉市中央図書館近代史資料室が開く「鎌倉海浜ホテル追憶展」(7/16~9/25 鎌倉文学館第3展示室にて)と連動して、鎌倉海浜ホテル(1887年~1946年)や当時のまちの様子を、証言や思い出をもとに伊東雅江、渋谷雅子両氏の絵と近代史資料室・平田恵美氏の監修した古い写真や資料で振り返る「追憶の鎌倉海浜ホテル展」(9/1~19 ジャックと豆の木にて)です。

Chikuonki会場では当時、政財界の人々が利用したホテルの資料や古い写真はもとより、鎌倉に点在する歴史ある西洋館の絵や当時の子どもたちの遊びのイラスト、証言も配置しました。そんな作品たちは皆さまを「どこかなつかしい時代の鎌倉」にいざなうことでしょう。どうぞお出かけくださいな。

また これを機に鎌倉海浜ホテル周辺の思い出を語っていただく会を9月10日(土)14時から催します。

ホテルの近隣にお住まいだった池上利光氏、加藤茂雄氏と、近代史資料室から平田恵美氏にお話しいただきます。鎌倉海浜ホテルから流れていたというタンゴやジャズの音楽も蓄音機やレコードプレーヤーで再生します。
コーヒーの香りとともに、古き良き鎌倉に思いをはせる楽しいひとときにしたいと存じます。

Photo_2  さらに、なつかしい鎌倉からふるさとのような東北へ、復興チャリティーの意味を込めて、「なつかし屋 駄菓子店」を会期中の9/17,18,19日にジャックと豆の木の前で開きます。これは由比ガ浜商店街の復興チャリティーと連動しています。アメやキャラメル、麩菓子などのレトロな駄菓子のほかヨーヨー釣りもお楽しみいただけます。

お時間許しますならば、どうぞお立ち寄りください。

鎌倉 まちの記憶を伝える会/NPOコソガイ

タイトルとURLをコピーしました