いもほり

Img_3114

「イモ掘りをやるんだけど、来る?」願ってもないお誘いに親子でホイホイ。サツマイモと里芋、やつがしらをほるのだそうな。お約束の時間に畑に行くと、すでに耕運機で畑はうねってあった。ここからイモを掘りだし、地面の上において、集める。

Img_3115

掘り出すと立派なイモが出てくるわ出てくるわ。こんなに大きいお芋、うれしい、と思ったのだが、大きすぎるのは売り物にならないそうな。そういうものなんだ~。もったえない。イモ掘りの最中にネズミが出てきた。ハムスターぐらいの意外に白っぽいネズミ。イモを食い荒らすから嫌われるんだけど、今日はみんなおおらか。「はやく逃げな~」女性陣からは声がかかった。ささやかなネズミの食いぶちを笑えるほど、豊作ってことかな。

Img_3122_2

サツマイモが終わると次は里芋。耕運機の活躍も間近に見ました。サツマイモは親イモのまわりに子イモがたくさん出ます。それをできるだけ離さないように丁寧に掘り出します。親イモは時間がたつと腐ってしまい、その分子イモが立派になっていくのだそうな。う~ん。人間みたい。

Img_3126

さらに八つ頭も掘ります。八つ頭は親イモを食べるので、子イモは離します。離された子イモは「八つっ子」として売られるのだそう。これは親子ともに食されます。

Img_3133

畑のわきで、もともとは出来が悪くて捨てられたイモから新たに育ったジャガイモが自生していました。普通のジャガイモや赤いジャガイモ、レッドムーン。なんと、ハート形のレッドムーンも発見!。お昼にはトン汁とおにぎり、サンドイッチまでいただいて、大漁!のイモ掘りでした。

タイトルとURLをコピーしました